Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親馬鹿日記と、しようかしら^^
小次郎が今日ようやく沢山鳴き口笛を吹いてくれたんだ~
家族でおとなしいねーと
オスでもあまり鳴かない子がいると聞いてたもので
小次郎はそうかもと思ってたら

今朝
小次郎~と声掛けしてたら返事を頻繁にしてくれてて
アラいつもと違うと思ったら
ひょうきんな踊りをしながら鳴き始め
昨夜主人が教えてた口笛まで吹きだしたの(驚)

小次郎 

うふうふ私と息子だけが初鳴きを見る事が出来て嬉しい~
デジカメのムービー3分には収めれたよん♪
興奮して画像がガチャガチャなので
小次郎が楽しそうな口笛姿が撮れたらUPしよ~

小次郎2 
しゃべって~唄って~^^


....
 

今回は
夏に作ればもっとよかったかもっ、と思った一品
てっぴのいちじくテリーヌ

てっぴって?と知らない方もおられるかもですが
フグの皮です♪
本来湯がいてポン酢・もみじおろしなどで食感を楽しむものなんですが
スーパーなどで買うと若干生くささの匂いがあります。
それはそれで美味しいの?・・ですが
出汁で煮る事で臭みがとれ食感は失われるけど
トロットロになり楽しめます。

てっぴ3 

てっぴだけで煮こごり出来ますが、この分量だけでは柔らかすぎるので
ゼラチンを足してしっかりと♪

中は白舞茸とスプラウト・ドライ白無花果 
上にちょこんと梅ソース

も~コレが絶妙な味わいで美味しくできました♪

てっぴ5

見た目もなかなかいいでしょう~
ドライイチジクがまた柔くなって美味しいのよ

やっぱバレタインは"ふく"でしょう ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン
山口県の人はふぐの事をふく(福)と呼びます。

幸せな一日になるといいですね~ 

teppiteri-nu
 

材料

てっぴ 1p
白舞茸
白無花果(ドライ)4個 半切り
スプラウト
ふぐ出汁250cc
板ゼラチン5g

白だし少々

作り方

1 ふぐ出汁を煮立たせず、その中にてっぴを入れ5分ほど煮る。
   白舞茸を細かくほぐし、いちじくを入れ更に舞茸に火が通るまで
塩・白だしで味を調整する。火を止め冷まし味を煮含ませる。
  2 2を再び火にかけ温め、具材を全て取り出す。キッチンペーパーで
      具材の水分をよくふき取る。それから60℃に温度が下がるまで冷まし
ふやかした板ゼラチンを入れよく溶かす。
       3 型に2の液を1cmほど流し入れ冷やし固めてっぴをのせまた液を流し込む
        また冷やし固める白舞茸をのせ液を流し込み冷やす繰り返し全ての材料
を入れ仕上げる

最後に冷蔵庫でしっかり冷やし固める♪

-----  出来上がり  -----

梅タレをのっけて
つけなくても味がしっかりついてます。
こちらではカナトフグと云う小さいフグで鍋などするんですが
その前菜として
本フグはなかなか手が出ませんがてっぴは安いので
本フグを食べた気にしようという
主婦ならではの知恵(笑)

てっぴテリーヌ
 

熱い鍋物の前っていうのがいい~
舞茸からもしっかり出汁が出てるよ♪

主人もぺろりと

夏場には最適だよねーー夏場にまた作ってみよう~♪



てっぴ2


にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。